リノベーションの意味って何?リノベーション物件の特徴などを徹底紹介!

人生100年時代を迎えて、医療や食の充実などを背景に長生き出来る環境が整っております。

しかし長生きしても車いすに乗っていたり、体に不自由があると人生を謳歌することが出来なくなってしまうのです。

もしもその原因が運動不足なら、思い立った日から健康寿命を延ばすためにジムへ通うことがおすすめになります。

ロコモティブシンドロームは生活習慣病や加齢により、歩行が困難になったり日常生活に負担が生じる現象です。

筋力の低下によって歩行が困難になったり、慢性的な肥満によって心配に負担がかかるような状態などを指し示す言葉になります。

適度な運動をすることでロコモティブシンドロームは快勝出来るので、公的ジムや私営のジムへ通うこと、近所を散歩しながらウォーキングすることでもロコモティブシンドロームを予防することが出来るのです。

リノベーションの意味って何?リノベーション物件の特徴などを徹底紹介!

リノベーションとリフォームの違いが分からないと思っている人も多いのではないでしょうか。

リフォームは長年住んでいて劣化した状態の家を、元の状態程度に戻すという意味があります。

リノベーションも同じように思われがちですが、リフォームよりも、さらに建物の機能や価値を向上させるという違いがあります。

建物の内装や外装をデザイン性の高いものにしたり、間取りを大きく変更して使いやすくしたりする場合にはリノベーションをするのが特徴です。

リノベーション物件の特徴には、建物を全て取り壊すことなく間取りや内外装を新しくしているということが挙げられます。

生活スタイルに合わせて自由に変更したり、デザインを変えたりしているのも特徴です。

不動産をリノベーションをするときに支払う手数料

不動産を所有している場合、これをリノベーションをしなければいけない場合があります。

例えば賃貸物件等を貸している場合、時間の経過とともに人気がなくなってくるはずです。

この時に家賃を下げるなどの対策を立てる人もいますが、いくら家賃を下げるといっても限界があります。

家賃を下げたところで、入居者が出て来なければ結局意味がないわけです。

そこで思い切ってリノベーションをするのが良いかもしれません。

リノベーションをする場合には、それなりのお金はかかるもののある程度人気のある物件ならばあっという間に入居者が生まれます。

つまり賃料を下げなくてもあるいは多少賃料を上げたとしても理想的な物件ならば簡単に埋まってしまうものです。

この時、建築費用以外に手数料がかかるケースもあります。

例えば、仲介手数料がこれに該当します。

不動産会社などを間に出た場合には、その仲介手数料を支払わなければいけません。

それ以外では、資材をどのようにし入れるかも大事になってくるでしょう。

少ない資材だけの場合は、単価が高くなってしまうためあまり有効なやり方とは言えません。

資材を仕入れる場合には、たくさん取材を持っており単価が安いようなところを選ぶべきです。

単価が安いといっても、素材そのものの品質が悪い場合には避けた方が良いです。

古民家一戸建てをリノベーションで生まれ変わらせよう

古民家のような古い一戸建てを安く購入して、リノベーションする方が増えています。

リノベーションは骨格を残しつつも、部屋の造りを大きく変えることができるために、全く違った雰囲気の家に作り変えることができます。

この点が機能性の回復が主な目的であるリフォームと大きく異なる点です。

新築を購入するのに比べて2~3割程度費用を抑えることができるのがリノベーションの大きな魅力となっており、従来の家では飽き足らない、けれども費用面で問題があるという方に注目されているようです。

リノベーションを考える上で重要になってくるのは施工会社選びです。

すでにある家を造り変えて行くというのは、新築で作るのとは異なるセンスや技術が求められます。

この言葉に騙されてあまり考えずに施工会社を選んでしまうと、後悔する結果となることもあるでしょう。

まずは実際の施工例を見てみることをおすすめします。

おそらく似たような家造りとなる可能性が高いので、施工例を見て気に入れば具体的な話を始めても良いでしょう。

理想的なリノベーションを行うために必要な経費は

人生の中における一番大きな買い物は、私たちが長年住む住居です。

その費用も巨額となりますので、一括で支払える人はほとんどいません。

そのようなことで、ローンを組んで支払いなどを長年行うことになります。

このようにして得た住居に住んで長年生活を送ることになるのですが、時間が経つにつれて様々なところで不具合が生じてくることがよくあることです。

老朽化に伴い、大きな変更が必要になってくることもあります。

そのような際に行うのがリノベーションです。

リノベーションにも、その規模や施工の仕方によって多くの種類が存在します。

不満な点を完全に解消することができれば大変幸せなので、理想的なリノベーションとは自分があたかも新居を構えるようなものなのになりますが、実際には経済的な余裕がない限りそのようなことはできません。

およそ500万円から900万円かかるというリノベーションの費用についても、十分に考慮しながら計画を立てる必要があります。

ライフスタイルで決まる!リノベーション方法

リノベーションを検討する際にしておいてほしいのが、ライフスタイルの確認です。

大きく分けて子供のいるファミリー世帯型と子供が独立した夫婦世帯型があり、部分的なリノベーションにするか、全面的なものにするかでプランが違ってきます。

ファミリー世帯向けの場合は、子供部屋を含めた全面的なものを検討刷ることが多くなっており、さらに子供が独立した後を考えて、可変性ある間取りを選択する世帯も増えています。

可変性とは、生活する家族の変化に対応して空間を最大限有効活用できるよう設計しており、特定の間取りに一定の変化をもたせることでライフスタイルの変化に対応できます。

特に子供部屋やリビングや寝室に可変性を与える場合が多く、子供が自立した後に部屋全体の間取りを変更する際に役立ちます。

逆に1つの間取りを2つの子供部屋にすることもできるため、子供を作る予定のあるファミリー世帯にも利用されています。

リノベーションを検討する際は、家族の生活スタイルに合わせると納得のリノベーションにできます。

リノベーションで採用することを推奨できる設備の数々

一般住宅をリノベーションする方は、間取りや外観、内装や水回りを一新するだけではなく、同時に採用すべき設備はあります。

最も推奨できることはソーラーシステムを導入し、蓄電池も備える工事をあげられます。

同時にオール電化住宅にすることにより、今まではガスや灯油を使ってきた住宅でもエネルギーは電気に一本化することができ、その電力はソーラーシステムで賄うことができます。

導入には資金が掛かってしまいますが、リノベーションの場合は大規模改修を基本としているので、この機会を逃さずに導入することは非常におすすめできます。

更に冬期間に入ると暖房機を使うことが前提にありますが、排気熱を利用した床暖房システムもエコな環境を作り出せます。

窓ガラスは複層ガラスを採用し、壁の内部に高断熱資材を入れることで家庭内で消費する電力を少なくすることに成功できます。

水回りの設備機器の全てに対してエコに対応する機材を採用することで、消費電力だけではなく水道料金の支払額も減額することも可能です。

リノベーションで間取りを使いやすく変更しよう

リノベーションはちょっとした部分的なところや、間取りを大きく変更する大きなものまで様々です。

よく雑誌やネット上で見る壁をぶち抜いて一つの大きな部屋にリノベーションして、使いやすくお洒落な雰囲気に変わった写真を見ると憧れてしまいます。

もちろん、これらは現状の住まいの形に不満や問題があったからこそ行った結果です。

行う場所も家族が集まるリビングルーム、寝室、新たに書斎をつくるなど様々。

とは言え、新築や建て替えと違って既存も住まいを変えていく作業なので、まずは自分たちが一番行いたい場所を決めましょう。

今現在だけではなく先を見据えて家族の増減や、生活スタイルを考えたうえで間取りのリノベーションを行うのが成功の秘訣です。

ある程度固まったイメージを持っておけばお願いする会社とのやり取りをする上でトラブル防止にもつながります。

ネット上には施工例の写真が多く挙げられています。

中には個人のブログなどで過程が記されているものもありますので参考になると思います。

時代にあった人気のリノベーションで我が家再生!

自分が気に入ったマイホームでも時の流れとともに経年劣化し、また、家族構成の変化で使用しない部屋が出てきたり介護が必要になったりと、様々な状況が生まれます。

終の棲家で快く過ごすためには、思い切ったリノベーションが必要で、新築同様とても人気が高まっています。

リノベーションは、リフォームと違い建物構造の基礎や柱部分だけを残し、建て替えることですが、間取りも変えることが出来、新築工事に近い工事と考えて下さい。

費用面と工期面で新築工事よりも一般的に安価で済み工期も短いためとても人気があります。

また、リフォーム工事ですと、部屋などの部分的な工事であるため思い切った改造が出来ないのが難点です。

現在、温暖化による気候変動で急激な暑さや寒さが多くなりましたが、リノベーション工事では最新の資材を使用しますので新築同様遮熱、断熱効果が見込まれるため温かく快適に住みやすくなりますので、是非検討しては如何でしょうか。

中古マンションのリノベーション前に知っておきたいこと

中古マンションをリノベーションするなら、マンションの管理規約を確認することが重要です。

というのも、管理規約には床材の種類や工事期間あるいは壁の解体といった決まりが記載されているからです。

たとえ分譲マンションであっても自由にリノベーションすることはできません。

必ず管理規約を守らなくてはいけないのです。

マンションの構造も確認しておく必要があります。

もし壁のない空間を作りたいなら、ラーメン構造が適しています。

間取りや内装が決められた新築マンションとは異なり、リノベーションは家族のライフスタイルや動線にあった好みのデザインに仕上げられます。

中古マンションのリノベーションにかかる費用の相場は、工事の範囲によるものの1平米あたり10万円から15万円です。

中古は新築に比べて手が届きやすい値段なので、たとえ工事費用を加算しても新築を購入するより安いといわれています。

立地を重視するのであれば、中古であれば選択の幅が広がるでしょう。

リノベーションで重要な設計担当者との相性

リノベーションをするなら、重視したいのは設計担当者との相性です。

担当者とは設計について繰り返し打ち合わせをして、細部まで詰めていく必要があります。

そのため相性が悪くコミュニケーションをうまく取れないと、理想的なリノベーションができません。

コミュニケーションが取れないと要望を伝えることができなかったり、担当者を信頼できないと設計に関する提案も素直に受け入れられないでしょう。

リノベーションの完成度に大きく関わってくる部分なので、必ずコミュニケーションを取れて良好な関係を築けるか、それを確認しながら相談する不動産会社は選ばなければいけません。

抽象的で難しい設計担当者との相性を見極めるには、とにかく対面で話してみるしかありません。

実際に話をして信頼をできるか、意見を聞いてくれるかなどあらゆる部分をチェックしましょう。

また過去のリノベーション事例を見てセンスを確かめるのも、相性が良いかチェックするポイントです。